日焼け止めに含まれている成分は安心?


→ 【実年齢-10歳】肌細胞が若返る裏技♪

日焼け止めはお肌に負担をかける、と言われていますが、どんな成分が入っているのか知っていますか?日焼け止めに多く含まれる成分をみてみましょう。

 

日焼け止めが紫外線を防ぐ仕組み

日焼け止めはどのようにして紫外線を防いでいるのでしょうか?日焼け止めには大きく2種類に分けられます。

1.紫外線散乱剤

日焼け止めに紫外線散乱剤が含まれ、紫外線を反射して紫外線を防止します。紫外線を防ぐ効果は低いのですが、反射するだけなので、お肌への負担は低くなるため、敏感肌など、お肌の弱い人は紫外線散乱剤を使用した日焼け止めをつかうと良いでしょう。

「ノンケミカル」「紫外線吸収剤不使用」などと書かれていれば、「紫外線散乱剤」が使用されているものが多いでしょう。

2.紫外線吸収剤

日焼け止めに紫外線吸収剤が含まれ、肌の表面で紫外線を吸収します。紫外線を吸収する際に熱を放出するなどの化学変化を起こします。紫外線を防ぐ効果は高いのですが、この化学変化がお肌によくないことも多く、肌荒れを起こしたりする場合もあります。

shutterstock_308218160

 

それぞれの日焼け止めに含まれる成分

次にそれぞれの日焼け止めにどのような成分が含まれるのかをみていきましょう。

1.紫外線散乱剤

紫外線散乱剤には「酸化チタン」「酸化亜鉛」が含まれています。これらの成分により、お肌に届く前に紫外線を反射させます。

2.紫外線吸収剤

紫外線吸収剤には「ケイヒ酸誘導体(メトキシケイヒ酸オクチル等)」「パラアミノ安息香酸誘導体(ジメチルPABAオクチル等)」 「ジベンゾイルメタン誘導体(t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン等)」などが含まれています。とても覚えられないと思いますが、「誘導体」とついていたり、カタカナが多いものは紫外線吸収剤の可能性が高い、といえそうです。

 

日焼け止めの成分については、製品や外箱に記載されていることが多いので、成分を確認して購入するのが良いですね。

shutterstock_201040826

いかがですか?特にお肌が弱い人は紫外線散乱剤をつかうことをオススメします。また、ウォータープルーフタイプの日焼け止めなど、お肌への刺激が多い場合もありますので、不安だったらテスターやサンプルで試してから、購入すると安心です。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

1日66円のお手入れを追加するだけで・・!?

アスハダ-ASHADA-の効果と口コミ

アスハダ(ASHADA)美容液の効果がすごい!その口コミと驚きの特徴とは?

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ピックアップ記事

  1. 敏感肌さんのUVケアのポイント
    敏感肌の方にとってはご自身のお肌に合ったUVケア化粧品を見つけるのは大変ですよね。しかし、アメリカの…
  2. 日焼け止めのSPFの意味とは?
    日焼け止めに載っているSPFの意味をご存知ですか?何となく値が高いほど良い!と思っていらっしゃる方も…
  3. あなたはどんな日焼け止めを使っていますか?乳液タイプの日焼け止めは界面活性剤も多く含まれており、お肌…
ページ上部へ戻る