日焼け止めはどの順番?化粧下地の前?後?


→ 【実年齢-10歳】肌細胞が若返る裏技♪

美肌を目指したいから、日焼け止めは欠かせない!そんなあなたの日焼け止めを塗る順番はあっていますか?

 

【基礎化粧品のスキンケア~メークアップまでの流れ】

お肌のお手入れの流れとして、スキンケアからポイントメイクまでを見ていきましょう。

◼︎基礎化粧品のスキンケア

こちらは化粧水から美容液、乳液、必要に応じてクリームなど、夜も行うようなお肌の状態を整えるお手入れになります。特に日焼け止めを塗ると乾燥しやすくなるので、保湿はしっかり行いましょう。

◼︎ベースメーク

スキンケアをした後は顔の土台を作るベースメークになります。 ここで化粧下地などが登場します。

◼︎ポイントメーク

ベースメークで土台をを整えたら、ポイントメークに移ります。これはアイメークやチーク、リップなど顔を華やかに見せるメークがポイントになります。

shutterstock_253507675

 

【日焼け止めはどこで塗る?】

意外と知らないのが、日焼け止めを塗る順番。先程のメークアップの流れの中で、日焼け止めはどこで塗るのが正しいのでしょうか?

日焼け止めを塗るのは、上記で説明した流れの中のベースメークになります。基礎化粧品でスキンケアした後、日焼け止めを塗る人が多いようです。日焼け止めの役割は紫外線カットです。

化粧下地の役割はポイントメークをする前に土台を整えることです。そのため、ポイントメークの直前に化粧下地を塗ると、ポイントメークも映えていきます。

しかし、より紫外線カットの効果を求める人は、化粧下地→日焼け止めの順番で塗る人もいます。より外側に塗ることで、紫外線を防ぐ効果も高いですし、塗り直しがしやすいです。また、日焼け止めとお肌の間に化粧下地が入ることで、お肌には少し優しくなります。デメリットとしては、ファンデーションが伸びにくく、白浮きしやすい製品だとより目立ってしまうかもしれません。

 

【日焼け止め意外にUV効果のあるベースメーク】

日焼け止めも化粧下地も、となると、結構めんどうですよね。今はBBクリームなど、日焼け止め効果のある化粧下地やファンデーションが出ているので、シーンに応じて活用すると日焼け止めと化粧下地が一緒になって、便利です。ファンデーションも春夏用と秋冬用で日焼け止め効果が違っています。季節に応じて、ファンデーションも使い分けていきましょう。

どうしても使い切らないともったいない、と思ってしまう日焼け止めですが、お肌への負担も大きいので、季節にあわせてベースメークと組み合わせて使っていきたいですね。

 

shutterstock_296933324

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

1日66円のお手入れを追加するだけで・・!?

アスハダ-ASHADA-の効果と口コミ

アスハダ(ASHADA)美容液の効果がすごい!その口コミと驚きの特徴とは?

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ピックアップ記事

  1. シミ そばかす ファンデーション
    一度ついてしまったシミやそばかすはどうしても気になってしまって、消したくなりますよね。シミ・そばかす…
  2. 正しい洗顔はくすみの元となる毛穴の汚れや黒ずみを落とすだけではなく、長い目で見ていくとターンオーバー…
  3. 長年世の女性から愛されている雪肌精。雪肌精といえば、青いボトルの化粧水を想像される方が多いかと思いま…
ページ上部へ戻る