絶対焼けないための日焼け止めの選び方・塗り方をマスターしよう!


→ 【実年齢-10歳】肌細胞が若返る裏技♪

絶対焼きたくない!そう思ってただ単にSPFやPAの数値が高いものを選んでいませんか?もちろん、SPFやPAは大切です。しかし、日焼け止めの塗り方一つで絶対焼かない肌になるんです。毎年猛暑と言われる夏。日本の夏で日差しが弱くなることはありません。簡単に焼けてしまう夏だからこそ、絶対に焼けない日焼け止めを選び、またその塗り方をマスターしてみませんか?

 

ただ日焼け止めを塗ればいいだけじゃない!塗る順番をマスターしよう!

日焼け止めを塗る順番をマスターしよう
日焼け止めを塗っても、どうしても日焼けしてしまう方っていますよね?その原因は、「汗をかく」「朝のうちに塗って一日そのまま」「顔をちょこちょこ触ってしまう」「タオルなどで拭いてしまう」、こういったものが原因です。自分で日焼けをしてしまうように行動してしまっていることになります。たとえSPFやPAの高いものを塗ったとしてもこういった行動を改善しない限り、結局日焼け止めが落ちてしまうので意味がありません。しかし、日焼け止めを塗る順番によって絶対焼かないようになるんです。

まずは、しっかりと化粧水・美容液・乳液で保湿をしてあげましょう。しっかりとお肌に浸透していないと化粧崩れの原因になってしまいます。まずは肌に化粧水を吸収させましょう。そして化粧下地。化粧下地も保湿のあるものを使いましょう。

そして最後に日焼け止めです。日焼け止めの量はちょっと大きめの500円玉くらいの大きさを手に取ります。顔の中心から外に向かってムラにならないように伸ばしていきましょう。顔の中で一番高い部分は鼻や頬になるので、その部分は念入りに塗っておきます。仕上げにパウダリーファンデーションを塗って日焼け止めを抑えます。そうすることで化粧崩れも防げますし、肌によく馴染みます。

 

絶対焼けたくない人は、アリーのエクストラUVジェル日焼け止めを使うのもおすすめ

アリー エクストラUVジェル 日焼け止め

CMでも言われているようにアリーの日焼け止めは「絶対に焼きたくない人のための」商品です。そんな中でも「エクストラUVジェル」は、SPFやPAの数値が高いのはもちろんのこと、水を弾くように作られていますし、ジェルタイプで非常に塗りやすいため、これを1本持っていると非常に便利な商品です。

 

これから夏本番になってきて、日焼け止めを買う機会も増えることでしょう。使いやすさはもちろんですが、焼かないようにするための日焼け止めです。絶対に焼けない塗り方と日焼け止めで夏の紫外線を回避しましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ピックアップ記事

  1. シミ対策 化粧水
    日々お肌のケアに取り組んでいる方は、日常的に健康面に対しても気を付けているのではないでしょうか?お肌…
  2. そばかすに効くビタミンとは?
    そばかすにビタミンが効くという話を聞いたことがありますか?そばかすはセルフケアで完全に消すことは難し…
  3. ニキビ跡を消す化粧水の選び方
    ニキビ跡にも種類があり、それぞれに最適なニキビ跡を消す方法があることをご存知ですか?今日はニキビ跡の…
ページ上部へ戻る