美白成分辞典〜効果的な化粧品の選び方〜


→ 【実年齢-10歳】肌細胞が若返る裏技♪

女性の憧れ、美白。美白には美白美容液などの化粧品がとても有効ですが、美白美容液などに含まれている美容成分にはとてもたくさんの種類があります。値段もピンからキリまでいろいろあって、本当に自分に合うものはどれなのか?本当に効果はあるのだろうか?とたくさんの化粧品を前に悩んでしまいますよね?たくさんある美白成分の中でも、効果が高い3種類の特徴と、選び方のポイントをまとめてみました。

 

代表的な美白成分と選び方のポイント

美容クリーム

1:ビタミンC誘導体

【効果】できてしまったメラニン(シミ、そばかす)を薄くする。メラニンによる色素沈着を防ぐ。

作用機序化粧品に配合すると壊れやすいビタミンCを、誘導体にすることで安定化させたものがビタミンC誘導体です。体内で酵素反応によりビタミンCになり、メラニンが生成されるプロセスを阻害するだけでなく、メラニン色素の還元作用もあり美白に優れた成分です。

選び方のポイント刺激が強く、肌を乾燥させる作用もあるため、保湿成分が配合された化粧品を選びましょう。

 

2:ハイドロキノン

効果「お肌の漂白剤」とも呼ばれるほど高い美白効果。

作用機序メラニンを薄くする漂白・還元作用があります。

選び方のポイント効果が強い分、刺激が強く、安定性も悪いため以前は皮膚科での処方に限定されていましたが、最近は低濃度であれば化粧品に配合されていることもあります。使用方法や容量はしっかりと守りましょう。

 

3:アルブチン

効果:メラニンによる色素沈着を防ぐ。

作用機序:コケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている成分です。チロシナーゼに直接作用してメラニン生成を抑えます。また、肌に吸収されるとハイドロキノンになり、メラニン色素を除去する働きも持っています。

選び方のポイント:皮膚への刺激が少なく安定した成分ですので、肌の弱い方や乾燥肌の方にもお薦めです。

 

代表的で効果の高いものは上記の3つとなりますが、その他にも以下のような成分も効果があります。天然で肌に優しい成分ですので、敏感肌の方にもお薦めです。

 

■エラグ酸:ベリーなどの植物に含まれる天然フェノール系の抗酸化物質

プラセンタエキス:動物の胎盤から抽出される成分

コウジ酸:みそやしょうゆなどの麹菌由来の成分

 

自分にあった美白化粧品を選ぶための注意事項

美白の女性

美白美容液は、美白効果を出すために、お肌に浸透しやすいように作られていて、美白成分の中には刺激が強いものがあり、お肌が弱っている状態で使用した場合など、トラブルが発生することがあります。お肌の状態に問題がある場合は、まずは皮膚科などに相談することを強くお薦めいたします。強い効果には強い副作用がある場合もあるので注意しましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

1日66円のお手入れを追加するだけで・・!?

アスハダ-ASHADA-の効果と口コミ

アスハダ(ASHADA)美容液の効果がすごい!その口コミと驚きの特徴とは?

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ピックアップ記事

  1. 海用のおすすめ日焼け止め
    あなたが日焼け止めを選ぶとき、なにを基準に選んでいますか?SPF/PA値、成分、口コミなどですか?で…
  2. ハイドロキノン配合の美白クリーム
    美白ケア用化粧品として人気のある雪肌精シリーズには、美白美容液が2種類あることをご存知でしたか?今日…
  3. ニキビ跡の赤みに効く薬のオススメ
    ニキビ跡の赤みがなかなか治らないと悩んでいる方へ、今回はニキビ跡に効くオススメの薬は?ニキビ跡を治す…
ページ上部へ戻る