20代でシミ!?どうしてこの若さでシミができてしまうのか


→ 【実年齢-10歳】肌細胞が若返る裏技♪

20代でシミ!?どうしてこの若さでシミができてしまうのか

私まだ若いのにシミが・・・という悩みを抱えた方もいらっしゃると思います。そんな悲劇とも言える状態の方へ、シミはどうしてできるのか?どうしたら治るのか?といったシミについての基礎知識を解説していきたいと思います。まだまだ暑くなる今年の夏。シミを気にしている方は必見です。

 

なぜ若いのにシミができてしまうのか?

なぜ若いのにシミができてしまうのか?

確かに若い方にはシミができにくいと考えてしまうかもしれませんが、生活習慣次第では全然あり得ないお話ではありません。お肌が紫外線から攻撃を受けると、メラニン色素という黒い物質が生成されて、お肌を黒くしてしまいます。これがシミの正体です。

つまり若い方でも部活などで積極的に外に出ているとシミができてしまいますし、さらに生活習慣が乱れていたりストレスをたくさん感じていたりすると、シミが消えにくくなってしまいます。特に夏は紫外線がとても強いですからシミができやすくなっているんです。

 

シミを作らないためにはどうしたら良いのか?

シミを作らないためにはどうしたら良いのか?

シミを作らないためには紫外線にお肌をさらさないことです。もしランニングやお散歩など、運動の日課を持たれている方は、朝や夕方に時間帯を変えてみたり、日焼け止めを塗るなどして、できるだけ紫外線からお肌を守るようにしてください。あまり紫外線を気にしすぎるのは嫌だという方は、日焼け止めを塗るのを軽めにしたり、日傘を使うだけでも十分変わると思いますよ。

 

シミができたらどうしたらいいの?

シミができたらどうしたらいいの?

シミを治すときにはビタミンが力を発揮します。もしシミができてしまったらビタミンを積極的に取りましょう。食事や睡眠に気を使い、血行を良くしてお肌全体に必要な栄養が行き渡るように健康な生活を心がけてください。日々ストレスを強く感じている方は、できるだけストレスを受け流すことも大切です。ストレスは血行を悪くしてしまいますので、シミが治りにくくなるため要注意です。

 

家にずっと引きこもるのはお肌にNG?

家にずっと引きこもるのはお肌にNG?

夏は紫外線が強いからずっと家の中にいれば安全!と思った方、実はそれは間違いです。確かにシミは紫外線がきっかけでできるものですが、一度できたシミを治すために大事なポイントは、血行を良くすること。血行を良くするためには運動が欠かせません。家に引きこもっている間は確かにお肌は守られるかもしれませんが、これによって体調不良になりやすく、一度外に出たときにシミがとてもできやすくなってしまうんですね。シミ対策をしながら適度な運動をすることはとても大切なことなんです。

 

いかがでしたか?若いときは新陳代謝が良いので確かにシミはできにくいのですが、日々の生活次第ではやはりシミはできてしまうんですね。ストレスにならない程度で構いませんので、シミ対策をしてみてはいかがでしょうか?

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

1日66円のお手入れを追加するだけで・・!?

アスハダ-ASHADA-の効果と口コミ

アスハダ(ASHADA)美容液の効果がすごい!その口コミと驚きの特徴とは?

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ピックアップ記事

  1. 食べる!飲む!美白美肌ケア
    夏といえば海と紫外線!仕事に行くとき、遊びに行くとき、海に行くとき、夏には紫外線がつきものです。紫外…
  2. 雪肌精の美白化粧水
    ロングセラー化粧水として有名な雪肌精。和漢植物を配合しており美白効果を期待して購入される方も多いでし…
  3. ニキビ跡を消したい!!効果抜群の化粧水!市販で買うなら?
    皮脂分泌の異常であり皮膚疾患の一つでもある『ニキビ』。遺伝、ホルモンバランス、ストレスなど要因は様々…
ページ上部へ戻る