美白ボディクリームはどんなものを選べばいいの?


→ 【実年齢-10歳】肌細胞が若返る裏技♪

美白,ボディ

日焼け止めを塗っていたはずなのに、紫外線の強い季節はどうしても日焼けをしてしまいますよね。シミやそばかすを防ぐためには顔と同じようにしっかり美白ケアをする必要があるのですが、そのときに欠かせないのが美白ボディクリームです。本気で全身美白を目指すなら、どんなボディクリームを選べばいいのか?リサーチしてみたのでそのポイントをご紹介します。お肌の状態に合った選び方をすると肌にとても効果的ですので、ケアに悩まれている方はぜひ参考にしてくださいね。

 

とにかくシミを防ぎたい

とにかくシミを防ぎたい

紫外線によるダメージの緩和やシミの予防をしたいという方には、シミやそばかすの原因となるメラニンへのアプローチが期待できる「メラニン生成抑制作用」成分入りのボディクリームを選びましょう。

“メラニン生成抑制作用のある成分”
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・コウジ酸
・プラセンタエキス
・カモミラET
・トラネキサム酸など

美白の素肌を手に入れるには、まずはシミを増やさないこと。そのためには紫外線や、外的な摩擦などのダメージによって分泌されるメラニンの生成をブロックする必要がとても重要になってくるのです。シミの予防をしたいという方は、このメラニンを抑制する成分が配合されているかチェックしてくださいね。

 

シミを目立たなくさせたい

シミを目立たなくさせたい

できてしまったシミをどうにかしたい!というお悩みをもつ方には、シミの正体である黒色メラニンを還元(無色化)したり、淡色化する働きがある「メラニン還元作用」のある成分入りのボディクリームを選びましょう。

“メラニン還元作用のある成分”
・ビタミンC誘導体
・ハイドロキノン
・d-メラノ(ニコチン酸アミドw)
・油溶性甘草エキス
・プラセンタエキス
・トラネキサム酸  など

美白ケアの効果を高めるためには、お肌を健康な状態に保つことが大切です。肌のターンオーバーが乱れたままでは、美白成分が効果を発揮できません。顔でもシミの改善をするならまずは整肌から。規則正しい生活リズムやバランスのとれた食事、ストレスをため込まないなど健康的な生活習慣を心がけましょう!

 

美白のカギは保湿

美白のカギは保湿

ボディも顔も考え方はもちろん同じで、美白ケアには乾燥は大敵です!乾燥により引き起こされるターンオーバーの乱れが、色素沈着やくすみの原因となってしまいます。ボディは顔よりも皮脂が少ないため、乾燥しがちな方は油分や保湿の効果の高い成分が含まれたボディクリームを選びましょう。

“保湿力の高い成分”

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
・ミネラルオイル
・植物油  など

毎日ボディクリーム使用しているのにあまり乾燥が改善されないときは、塗るタイミングを変えてみてはいかがでしょうか。入浴後にボディクリームを塗る方が多いと思いますが、水分をタオルで拭き取ってから使用していませんか?保湿効果をより高めるには、完全に水分を拭き取る前にボディクリームを肌になじませることがコツです。乾燥を防ぎ、美白につながる肌を手に入れましょう。
美白の効果を実感するには、まずご自分の美白の目的にフォーカスしたボディクリームを選ぶことが大切です。また肌のタイプと美白成分には相性があり、使用する方によって効果の現われ方も異なるので、日々の紫外線予防と相性のいい成分の含まれたボディクリームを選んでシミのない肌を手に入れましょう!

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

1日66円のお手入れを追加するだけで・・!?

アスハダ-ASHADA-の効果と口コミ

アスハダ(ASHADA)美容液の効果がすごい!その口コミと驚きの特徴とは?

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ピックアップ記事

  1. 美白になるクリームランキングベスト3
    お肌を健康に綺麗にするための美容品は山ほどありますが、今回はクリームタイプの化粧品ベスト3を紹介しま…
  2. 日焼け止めの原理とは?
    ほぼ毎日のようにお世話になっている日焼け止めの「原理」をあなたはご存知ですか?紫外線をカットする原料…
  3. 今、テレビや雑誌で取り上げられ、 FacebookやTwitterでも話題の 自宅で“あるもの”…
ページ上部へ戻る