40代の敏感肌さんに最適なファンデーションは?


→ 【実年齢-10歳】肌細胞が若返る裏技♪

40代になるとホルモンバランスなどが変化し、肌にも変化が起きることをご存知でしたか?肌のバリア機能が低下し、敏感肌になる可能性が高くなるのです。それでも女性はメイクを施さなくてはなりません。そこで今日は敏感肌の方にも優しいファンデーションの選び方をご紹介いたします。

40代にさしかかると女性の体にはこんな変化が!

40代の敏感肌さんに最適なファンデーションとは?

40代も半ばにさしかかると、女性ホルモンの減少が始まります。女性ホルモンの「エストロゲン」は肌の潤いを保つ作用のほか、コラーゲンの生成にも関与しています。また、同じく女性ホルモンの「プロゲステロン」は肌の皮脂分泌を促してくれます。

さらに、肌の潤いを保持するために必要不可欠である、セラミドや天然保湿因子も加齢とともに減少していきます。こうした原因により、40代の女性の肌は、次第にバリア機能を失い敏感肌になりやすくなります。

 

液体タイプよりパウダーファンデーションの方が敏感肌には優しいんです!

40代の敏感肌さんに最適なファンデーションとは?

 

ではバリア機能の低下した敏感肌に適したファンデーションとはどの様なものでしょうか?ご存知のとおり、ファンデーションにはパウダータイプ、クリームタイプ、リキッドタイプ、おしろいなど様々な形状のものがありますよね。実は、同じファンデーションといっても、肌への負担は大きく異なるのです!

リキッドファンデーションやクリームファンデーション(BBクリームも含む)は、色粉に油分や水分を混ぜていますから、それらを分離させないために様々な界面活性剤が配合されています。また、水が入っているため腐りやすいので、防腐剤も配合されているため、パウダーファンデーションよりも添加剤が多いのです。

これらの点から、ファンデーションを肌に優しい順に並べますと、フェイスパウダー(おしろい)、パウダーファンデーション、クリームファンデーション、リキッドファンデーションとなります。敏感肌の方は、肌への負担の少ないパウダータイプのファンデーションを使用されると良いでしょう。パウダーファンデーションが肌につきにくいという方は、少し油分を含んだしっとりタイプのパウダーファンデーションを使用されると良いでしょう。

クレンジング剤はお肌に優しいものを!

40代の敏感肌さんに最適なファンデーションとは?

メイクをしたからには必ず行わなければならないクレンジングですが、クレンジングはスキンケアで最も肌に負担のかかる行為です。洗浄力の強すぎるものを使用したり、クレンジングに時間をかけすぎるとお肌に大きな負担をかけてしまいます。ではどの様なクレンジング剤を選べばよいのでしょうか?

ポイントは「油分の量」と「肌への摩擦の強さ」です。メイクを落とすためにはある程度の油分が必要となりますが、多すぎると必要な成分まで洗い流してしまいますし、水分の多いものですと、油分の少なさを界面活性剤でカバーしているため、かえってお肌には良くないことがあります。そして適度な硬さをもったテクスチャーのクレンジング剤を使用することで、摩擦による肌の負担を減らすことが出来ます。これらの点を総合的に考えると、クリームタイプか乳化ジェルタイプのものを使用されると良いでしょう。

40代の敏感肌さんに最適なファンデーションとは?

いかがでしたか?これからはただでさえ乾燥しやすい季節になりますから、40代の方に限らずお肌に優しいメイクとクレンジングを心がけ、美肌をキープしていきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ピックアップ記事

  1. 敏感肌向け高保湿化粧水
    今、無印良品の敏感肌向け化粧水が注目を浴びていることをご存知ですか?400mL入りで1200円という…
  2. しわとたるみに良いクリーム、ファイスクリーム選びのコツ
    顔にできるニキビの中でも、鼻のニキビは特に辛いですね。頬あたりだと、ぷちっと一つできているくらいなら…
  3. 美白になる化粧水のおすすめ
    大人の女性のほとんどの方が化粧水を使っていると思いますが、どのような化粧水が自分に合っているのか?自…
ページ上部へ戻る