メイク落とし!肌にいいのはオイル?ジェル?クリーム?


→ 【実年齢-10歳】肌細胞が若返る裏技♪

メイク落とし,オイル

メイク落としを選ぶ時に必ず悩むのが、「クレンジング力」と「お肌への負担」ではないでしょうか?メイク落としですから、当然、よく落ちる、つまり、クレンジング力が高いものがいいですよね。

しかし、クレンジング力が高いと、お肌に負担がかかるのも事実です。そこで今回は、お肌に負担がかからないメイク落としについて説明いたします。

 

 メイク落としの種類と特徴

メイク落としの種類と特徴

メイク落としは大きく、ジェル、オイル、クリームの3タイプに分けられます。ではそれぞれの特徴を見てみましょう。

ジェルクレンジング

ジェルクレンジングは、水ベースで、界面活性剤でメイク汚れを落とします。お肌への負担は少なく、水ベースなので、洗い上がりも大変よいのが特徴です。

また、美肌成分(ヒアルロン酸や水溶性の植物エキスなど)の配合も可能なので、お肌のことを考えたメイク落としと言えるでしょう。ただし、水ベース故に、クレンジング力に課題が残ります。

オイルクレンジング

オイルクレンジングは、油でメイク汚れを落とします。クレンジング力は他のメイク落としと比べて、格段に高く、通常メイクは勿論、ウォータープルーフタイプのものも落とすことが出来ます。

しかし、お肌への負担が課題です。ヒトの肌は汗と皮脂が混ざり合った皮脂膜という薄い膜に覆われています。皮脂膜はお肌にうるおいを与え、お肌を外部刺激からも守っており、ヒトにとって非常に重要な存在です。

オイルクレンジングは、高いクレンジング力のため、皮脂膜を構成する皮脂も洗い流してしまいます。これが、オイルクレンジングはお肌に負担があると言われる理由です。また、油ベースのため、洗い上がりが悪く、油特有のヌルヌル感が残るため、W洗顔は必須です。

クリームクレンジング

クリームクレンジングも、油でメイク汚れを落とします。洗い上がりをよくするため、界面活性剤を併用します。スキンケアのクリームをベースに、油を多量に配合すると、クリームクレンジングになりますが、油の多量配合は技術的に難易度が高いため、販売しているメーカーは限られます(技術力があるメーカー)。

高価格帯に位置するという、価格面での課題もありますが、油の多量配合のためクレンジング力に優れ、水ベースのためお肌への負担も少ない、いわばオイルクレンジングの欠点を補ったタイプと言えるでしょう。

お肌に負担をかけないメイク落とし

お肌に負担をかけないメイク落とし
お肌への負担だけを考えるとジェルクレンジングですが、クレンジング力が課題です。メイク落としである以上、クレンジング力という基本機能は無視できません。そこで、お肌に負担をかけないメイク落としとして以下を提案いたします。

クリームクレンジングを使う

クリームクレンジングは、ジェルクレンジング並みのお肌への優しさと、オイルクレンジング並みのクレンジング力の高さを有します。お肌へ負担をかけたくないけど、クレンジング力も妥協できないという方には是非おすすめですが、価格が高いという課題があります。

クレンジングは毎日たっぷりと使うものなので、あまりに高いものは経済的にも厳しいですよね。そのような場合は以下を参考にしてください。

オイルクレンジングを使って、その後、しっかり基礎化粧品でケアをする

オイルクレンジングは、比較的お手頃価格で購入できます。クレンジング力は抜群ですが、皮脂まで落としてしまうため、お肌への負担はあります。ですから、オイルクレンジング後は、W洗顔し、化粧水、乳液といった基礎化粧品でお肌をケアしてください。

オイルクレンジングで洗い流されてしまった皮脂などの、お肌にとって必要な成分は、基礎化粧品で補ってあげれば問題ありません。

是非、今回の内容を参考に、お肌に優しいメイク落とし選びと、ケアを実践してください。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

1日66円のお手入れを追加するだけで・・!?

アスハダ-ASHADA-の効果と口コミ

アスハダ(ASHADA)美容液の効果がすごい!その口コミと驚きの特徴とは?

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ピックアップ記事

  1. シミ取りに効果的な化粧品
    シミを消したい!このような悩みを抱くのは、女性であれば誰もが通る道。今回はあなたのお肌に潜むシミを、…
  2. シミ対策にはこれ!効果抜群の化粧品を厳選
    自分のお肌をいたわるために、普段から化粧品を購入されていると思います。お金を払って化粧品を購入するわ…
  3. 美白効果のある食べ物について、見ていきましょう。 肌の上から化粧品でケアす…
ページ上部へ戻る