敏感肌でも諦めない!エイジングケアのポイントとは?


→ 【実年齢-10歳】肌細胞が若返る裏技♪

美白ケアに聞く!ビタミンCを含む食べ物はコレ

乾燥性敏感肌対策とエイジングケアとを同時に行えることをご存知でしたか?肌の潤いを保つために欠かすことの出来ないセラミドをお肌に与えることで、一度にケアすることが出来るのです!敏感肌のためのエイジングケアについて、加齢による肌の変化と効果的なケア方法について解説していきます。

 

乾燥性敏感肌と、肌の老化の原因はどちらも「乾燥」です!

敏感肌のエイジングケア方法

乾燥性敏感肌は、もともと肌の潤いを保つための「セラミド」の量が少ないために、肌が乾燥し、バリア機能が低下することが原因です。

そして肌のエイジングを促すのも「乾燥」です。肌が乾燥すると角層の水分量が減少し、光の反射量が低下するため、肌がくすんで見えるようになります。また、乾燥によって肌の表面が硬くなると、ごわついた感じになり化粧のノリも悪くなってしまいます。さらに、乾燥による小じわも出来るようになり、悪化するとより深いしわになってしまいます。

肌の潤いを保つためにはセラミドが重要な働きをするのですが、セラミドの働きとは具体的にどの様なものなのでしょうか?

 

セラミドは肌の水分の80%をキープしてくれる!

敏感肌のエイジングケア方法

セラミドは肌の角質細胞の周りに存在する「細胞間脂質」とよばれる様々な脂質の混じり合った物の1つです。この細胞間脂質は、細胞同士をつなぎとめる接着剤のような働きをしているほか、水分を抱え込む働きもしています。細胞間資質の中でもセラミドは潤いを守るための重要な成分です。

実験的にセラミドを失わせた肌では、肌の水分は80%も低下してしまうそうです。つまり、セラミドは肌の水分の80%を保持していることになります。このことから、セラミドを補うことで肌の乾燥を防ぎ、結果的に敏感肌対策とエイジングケアが出来るということになります。

 

正しい保湿ケアで乾燥性敏感肌対策とエイジングケアを一度に行おう♪

敏感肌のエイジングケア方法

ではどの様にセラミドを補ってあげるのが効果的なのでしょうか?まずクレンジングは洗浄力の高すぎるものを避け、必要なセラミドを洗い流さないようにします。そして、セラミドを含んだ保湿美容液などでスキンケアを行います。セラミドは脂質ですので、水にはほとんど溶けません。セラミド配合の化粧品を選ぶ際には、化粧水のような水分の多いものではなく、クリームや美容液タイプのものを選びましょう。

 

敏感肌のエイジングケア方法

いかがでしたか?肌の乾燥はエイジングや敏感肌など様々な肌トラブルを引き起こします。つまり、肌の保湿はスキンケアの基本なのです!乾燥による小じわまでは肌の保湿を適切に行うことで元の状態に戻すことが可能ですが、より深いしわになると、保湿だけでは元に戻すことは出来なくなってしまいます。正しいスキンケアでいつまでも健やかなお肌をキープできるようにしましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

1日66円のお手入れを追加するだけで・・!?

アスハダ-ASHADA-の効果と口コミ

アスハダ(ASHADA)美容液の効果がすごい!その口コミと驚きの特徴とは?

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ピックアップ記事

  1. 年齢とともにいつの間にか目立ってくるシミは、お肌の大敵ですよね。今や女性だけでなく、男性もシミが気に…
  2. 皆様は化粧品を購入する際、何を基準にされているでしょうか?「ブランド」、「効果」、「使用感」、「口コ…
  3. 美白を保つためには、日傘や日焼け止め、カーディガンを羽織るなど物理的なUVケアも大切ですが、それ以上…
ページ上部へ戻る