鼻の毛穴の黒ずみっていったい何?原因を知ってなくしていこう!


→ 【実年齢-10歳】肌細胞が若返る裏技♪

鼻の黒ずみって、すごく気になりますよね。きれいに洗顔していても、いつの間にかポツポツ目立ってきたりして、鏡を見てショックを受けることも・・・。ぶつぶつした見た目から、いちご鼻なんて言われ方もしています。そんな鼻の黒ずみが簡単に取れる方法があったら・・・とお悩みではないでしょうか。そこで今回は、鼻の黒ずみのとても簡単な取り方と、防ぐためのケア方法をご紹介いたします♪

 

鼻の黒ずみの原因

では、まずは何故、鼻の黒ずみができてしまうかをまとめていきます。鼻の黒ずみを改善するためには、黒ずみができる仕組みを知ることが大事です。鼻の黒ずみの原因は、一言でいえば、毛穴の開きが原因となっています。落としきれなかった古い角質や皮脂、ほこりや老廃物などが毛穴に溜まってしまい、これが酸化して固まることで毛穴が開いていきます。この汚れや毛穴の影が、黒ずみとなって表面から見えるようになります。

そして、毛穴が目立つようとやっぱり気になって、メイクを厚塗りして毛穴を隠そうとしてしまいますが、これがさらに黒ずみを悪化させます。開いた毛穴にメイクの汚れが入り込んでしまって、その結果として、さらに毛穴を開かせることになってしまうのです。

毛穴に詰まった角栓や汚れが空気にさらされて、酸化したことで黒ずみが生じます。角栓は、古くなった角質と皮脂が混ざったものになります。鼻を触ってみて、ザラザラした感じがある場合は、この毛穴の詰まりタイプが多いです。

 

鼻は皮脂の分泌が特に多い場所

shutterstock_413201149

鼻は、顔の中でも特に皮脂の分泌が多い場所です。角栓は、毛穴の中で古くなった角質や汚れが、皮脂と混ざり合ってできています。そのため、皮脂分泌が過剰になりやすい鼻に、どうしても黒ずみはできやすいのです。

毛穴の中の角栓が酸化して黒くなると、ぶつぶつしているのが目でみても分かるようになります。ぶつぶつした黒ずみになってくると、イチゴ鼻と呼ばれることもあります。

 

鼻の毛穴の黒ずみを取る方法

鼻の黒ずみケアと聞くと、多くの人が毛穴パックをイメージすると思いますが、このケア方法では根本的な解決ができませんし、さらに悪化させる原因ともなります。角栓ケアでは、肌への負担は禁物です。できるだけ肌への負担を減らしたケアをすることが、肌サイクルを整えることになり、角栓ができにくい肌作りにもつながります。

毛穴パック以外にどんな方法があるのかと思う人もいるかもしれませんが、基本は適切なスキンケアです。鼻の黒ずみをすぐに取り除いて解決するのではなく、角栓を作らないような肌を取り戻すことが、結果的に黒ずみを取り除くことになります。

 

洗顔を見直しましょう

毛穴汚れを取るには、やはり洗顔が大切です。ゴシゴシ洗顔はNG!です。毛穴汚れは、使う洗顔料選びと泡による優しい洗顔で、ゴシゴシ洗顔をしなくてもしっかり落ちるということを覚えておきましょう。洗顔の際には以下の3つのポイントに気を付けてください。

 

毛穴に特化した洗顔料を選ぶ

毛穴ケアには洗顔が重要という事もあり、毛穴に特化した洗顔料も多く発売されています。通常の洗顔料より毛穴ケアに重点を置いて作られている為、毛穴の汚れ除去力に優れているだけでなく、汚れを取った後の毛穴をケアする効果があるなど、毛穴に悩んでいるのであれば使ってみることをおすすめします。

 

優しく洗いましょう

洗顔では、手の圧による刺激を少しでも少なくすることがポイントです。ホットクレンジングタイプの洗顔料であれば、肌につけるだけでジェルが温かくなり、毛穴を開く効果があるので、優しく撫でるだけで毛穴の汚れを吸着し、取り除くことができます。泡立てるタイプの洗顔料では、しっかり泡立ててきめ細かい泡で洗顔しましょう。

きめ細かい泡がしっかりできている状態であれば、泡を顔に当て、円を描くように手を動かすだけででも洗顔効果があります。汚れもしっかり吸着されるので安心してください。毛穴ケアには、この様に刺激の少ない洗顔が効果的です。

 

しっかりと洗い流す

洗い流す際は、洗顔料が残らない様にしっかり洗い流しましょう。残ってしまった洗顔料は毛穴汚れの原因となり、せっかく洗顔をしたのに逆効果となってしまいます。以上三点を気を付けるだけで、毛穴をケアする為の正しい洗顔が行えます。市販の洗顔でももちろん充分ですが、保湿成分や毛穴ケアに特化した洗顔料を利用する事で、より効果的な洗顔を行うことができます。

 

必ず保湿をする!

洗顔で毛穴をキレイにしたまま放置ではいけません!洗顔できれいになった毛穴に再び汚れが詰まることを防ぐために、「毛穴を締める」スキンケアを行いましょう。毛穴の黒ずみやつまりがあると乳液やクリームを控えめにしてしまいますが、それは乾燥を悪化させるNG!行為です。油分でフタをしてあげないと、化粧水の水分が肌の中にあった水分と結びついて一緒に蒸発してしまいます。乾燥を悪化させる行為なので、化粧水の後は必ず油分でフタをしましょう。

 

鼻の黒ずみケアをするようになった女性の体験談

shutterstock_56026990

クレンジング、洗顔後の保湿ケアをしっかりと行うようになってから、徐々に顔からの脂の分泌が軽減されるようになってきました、という女性も。少し効果があるのかなと感じ、継続して丁寧な保湿ケアを心がけて1ヶ月ほどたったころから毛穴の小さな黒ずみが軽減するようになりました。大きかった黒ずみはまだ残っている状態ですが、保湿ケアをしっかりと行う前に比べたら毛穴は目立たなくなってきている、とのことです。

 

毛穴のケアに対するイメージは毛穴の汚れを落とすこと、つまりクレンジングと洗顔ケアという印象だったのですが、実際は保湿ケアもとても重要な役割を果たしているのです。脂性肌だから保湿ケアをしなくても大丈夫と思うのではなく、脂性肌が乾燥肌由来かもしれないと考えて保湿ケアをしっかり行わなければならなかったのだと実感しました。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

1日66円のお手入れを追加するだけで・・!?

アスハダ-ASHADA-の効果と口コミ

アスハダ(ASHADA)美容液の効果がすごい!その口コミと驚きの特徴とは?

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ピックアップ記事

  1. 日焼け止めクリームを塗って紫外線を浴びると肌がかぶれてしまう。いろんな日焼け止めを試してみてもピリピ…
  2. いろんな美容品を使ったり、生活習慣を改善したりして手に入れた美肌にシミを作りたくない!といった方たち…
  3. そばかすは遺伝性が強いため、自然に良くなるものもありますが、完治するのは難しいものです。そこで今回は…
ページ上部へ戻る